超高速レスポンスサーボモータ 

全ての機種向けに標準のステッピングモータからサーボモータへ変更出来るようになりました。 

1一般向け対応
これまで、メーカー様向けにサーボ仕様を製造してきましたが、一般向けにも販売出来るようになりました。

2超高速レスポンス
標準仕様のモータに比べ約15倍(最高1/1000秒)のレスポンスを実現しています。

3負荷に影響されない動作
従来のステッピングモータは負荷により動作速度が変動してしまいますが、サーボ仕様では初速から推力を一定に保ち、負荷の変動による動作変化を最小限にとどめることが可能となりました。

4専用設計
通常、電動シリンダの動作は目標位置へ移動し、次の目標位置へ移動を繰り返し動いています。しかしレーシングシミュレータでは目標位置が刻一刻と変化し目標へ移動中でも瞬時に次の目標へ移動しなければなりません。そのような動作はシリンダメーカでも想定しておらず標準仕様のままではアンプの故障やシリンダの破損の原因になります。弊社ではシリンダやアンプの耐久性をシミュレータに使用する前提で特注製作し、皆様へ供給しております。

5選べる電源
AC200V、AC100V どちらでも対応可能です。

6既存の機種からアップグレード対応
新規でお買い求めいただく場合はもちろん、現在お使いの弊社製シミュレータでも全機種サーボシステムへの変更可能です。

機種ごとに設定がございます。お問合せはこちらよりお願いいたします。

仕様に関して

Software

シミュレータやレースゲームから必要なデータを抜出し、シミュレーターに伝送します。独自開発によって多数のタイトルでシミュレーターが動作します。 ソフトウェアは自動でゲームを把握し、設定を行います。 一度設定を行えばそのタイトルによって設定値を自動で変更してくれます。 タイトル毎の設定や自分の好みの設定を保存することも可能です。

対応表

タイトル名 対応Ver  車体前後G タイヤロック スライド
グランツーリスモ6 ※1 6.0.0.0 以降
グランツーリスモスポーツ 7.2.2.3 以降
Automobilista 7.0.0.9 以降
 Automobilista2  8.0.5.0 以降 〇  〇 
GTR2  
GTR2 Steam  
rFactor  
rFactor Steam 6.2.2.18 以降
rFactor2  
 rFactor2 Steam 6.2.2.18 以降  〇 〇  〇 
Race07  
RaceRoom Racing Experience   6.2.2.29以降 〇   〇 〇 
ProjectCars,ProjectCARS2,
ProjectCARS3,
Pagani Edition
7.2.1.8 以降CARS3➡8.0.8.0以降
Pagani➡8.0.13.0以降
iRacing SDK1.10 7.0.2.3 以降
ASSETO CORSA 6.2.2.7 以降
 Assetto Corsa Competizione 7.6.1.3 以降 〇  〇  〇 
 アセットコルサ アルティメットエディション 日本語版(DMM)  8.0.4.0以降 〇  〇  〇 
F12010,2011,2012
F12013,2014,2015,2016,2017
2018,2019,2020,2021
2016➡7.0.0.9以降
2017➡7.2.1.4以降
2018➡7.6.1.2以降
2019➡8.0.1.0以降
2020➡8.0.7.0以降
2021➡8.0.14.0以降
Dirt2  
Dirt3  
Dirt4  7.1.0.0以降
Dirt Rally  
 DiRTRally2.0 8.0.1.0 以降 〇  〇 
GRID,GRID2019 2019➡8.0.10.0以降 
GRID2  
Kart Racing Pro  
 KartRacingPro(release2) 7.2.1.3   
 KartKraft  8.0.3.0  
 Live for Speed 7.1.0.0   
 Euro Truck Simulator2(Steam) 7.0.2.3  
Forza Horizon4
Forza Horizon5
8.0.11.0
8.1.1.0 
  〇 
 American Truck Simulator 8.0.12.0  〇    〇 
※1 グランツーリスモ6 1.21以上に対応しています。
   動作にはPS3、コントロール用のPC、ACSIMコントローラサーボ対応が必要です。

 

営業時間

平日(日・祝除く) 9:30~18:30

出張が多くご来社いただく際には事前にお電話をお願いいたします。

アクセス

▲ ページトップへ